京都好きなの

■私の京都散策記録です

2007年01月

渉成園(しょうせいえん)inとりさん



東本願寺、別邸の渉成園、枳殻邸(きこくてい)というとても
優雅で広い敷地のスポットがあります。

京都駅からもさほど遠くもない場所ですが、とても閑静な
場所で、冬場に訪れますと、渡り鳥さん達の安息の場らしく
悠々とくつろぐ鳥さんの姿が・・。

kikoku1.jpg

詳細はクリックしてどうぞ↓
dcaa8ab2.jpg



入園は当時、心付けのみでしたが、
門を潜った途端に守衛さんと受付さんが飛び出してきたので
びっくりしました。Σ('゚д゚'o)はぅっ!!
お花のある季節ならもっといいアングルで撮影も可かも。
太鼓橋と京都タワーを撮る。
ba1513b3.jpg


近づいても一向に動揺しないとりさんは有意義なひとときを
ここで過ごすようです。
3987ddb9.jpg


正面から・・・^^*
kikoku7.jpg

ただただ広く、贅沢な空間。
お天気の良い時におすすめですね。

75221810.jpg




渉成園の詳細はこちら

地図はここ





★いいなと思ったら押してね★励みになります

朱色もまぶしい起き上がりだるま

d4164727.jpg


来月のはじめは節分ですね。
去年の節分からもう一年・・早いものです。^^

京都でも何かと賑やかにあちこちで節分の催しがされて
とても活気つきますね。
私は祇園界隈に今年も行く予定です。
鬼を祓いに・・というより八坂独特の「福をくれる鬼さん」に
会いにいくという感覚の方が大きいですね。

去年は、祇園の仲源寺といういわゆる「めやみ地蔵」で
有名なところでの節分行事の紹介です。

この「起き上がりだるま」テカリのある綺麗な朱色で
顔つきもなんかかわいい。
授与は600円で名前と年を書いて貰います。
一年の身代わりの形代というわけなのでしょうか。

普段は静かな境内も、本堂の境戸もとっぱわれてとても
華やかな印象になります。
b785bd4a.jpg


京都、南座からさほど遠くもなくちゃんと見ないと通り過ぎて
しまいそうなところですね。
幼さが残る顔立ちの地蔵菩薩、ほっぺたのふくよかさが
何だかリアルです。
cde9fc66.jpg



起き上がりだるま、今年もお願いしようと思っています。
himedaruma1.jpg


仲源寺詳細
地図はここ





★いいなと思ったら押してね★励みになります

カモのスポット

a73e7164.jpg


柳揺らめく白川通りの川に棲むというカモさん達です。

最初はつがいを発見してそっと撮影。
奥を覗くと他にもいたいた。

逃げる訳ではありませんが、カメラを向けられて
じっと警戒されている空気が伝わってきました。

あっ見てる見てる・・・・^^:
熱い視線がちょっと痛かった。



■地図はここ

柳のある風景



現代ではすっかり減ってしまった柳の植木。
情緒のある観光地では存続していますが、近所では全く
観られないものだけに発見するととても情緒のあるもんだなぁと
新鮮です。

ここは京都の東山区、知恩院の門前町から北へのびる
柳通りです。
東大路通からバス停知恩院前を東へ一筋入るとここ。
年期の入った知恩寺の門のあるところ。
41238cd0.jpg



写真の石の細い橋が『行者橋』といわれるもの。
近所の方が用を足しに便利に使われ、自転車に乗って渡られる
方もいるとか・・^^:
慣れれば・・必要を強いられれば私にも出来るかなぁ??

ここをまっすぐ行くと白川橋という処に辿りつき、
三条通りに出ます。
数メートルのスポットなんですが、ここだけがなんか
ノスタルジックな空気が漂っていていい感じです。
柳の力なのかなぁ・・・。^^*


■地図はここ

ふぐそのまま

abc9e67f.jpg


てっちりの美味い季節・・・とはいっても
私はあんまり馴染みがないんですが、
錦市場でも観たことのあるフグの剥製、フグ提灯。

知恩院からほど近い一角で発見した大きなふぐ提灯でした。
あんまり立派なんでしばらくあんぐりと口を開けて
観ておりました。^^*
cd6fd88e.jpg


ここは東大路の道路を右へ少し入ったところ。
筋ひとつなのに柳通りの河へりに出てとても情緒のある処。

撮影は一昨年のものなんで店舗の確認は??^^:
■地図はこちら
 にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り旅行へ 
YOU TUBE京都好きなの配信
アーカイブ
京都 リンク
  • ライブドアブログ